海外のオンラインカジノは確かな運営元を選べば安全です。現実のカジノに行くのではないので自宅で安心して遊べます。

オンラインカジノで使う国際電子マネー

目次

オンラインカジノとのお金のやり取り方法

カジノとの入出金には国際電子マネー(eウォレット)を使いますが、これはPayPayやApple payのようなショッピングなどに利用するサービスではなく、ほぼオンラインカジノに特化している国際電子マネーサービスになります。

カジノへの入金には国際VISAかMASTERのマークが付いたクレジットカードも使えますが、獲得した利益をカード口座に入金することはほぼ100%のカジノは行ってくれません。また銀行口座へもカジノへからの入金は不可です。

ですが、国際電子マネーからは銀行口座に入金することができるので獲得した利益を現金化(本当に自分で使えるお金に替える)ことは可能です。

国際電子マネーはカジノとの間で入出金を行ってくれる仲立ち人サービスとして利用できます。

ユーザー ・・・ 電子マネーに入金

電子マネー・・・ カジノに送金 
カジノ・・・ 勝った分の支払いを電子マネーあてに払い戻し

電子マネー・・・ユーザーからの指示でユーザーの銀行口座に送金
国際電子マネーが仲介してお金の受け渡しが成立


この流れを図に書くと左のようになります。

ネッテラーは日本在住者は利用不可

昔からあるカジノで使える電子マネーの代表格はネッテラー(Neteller)ですが、2020年4月に日本市場からは撤退してしまったので日本からの利用はできません。
*厳密に言うと利用はできますが、日本の銀行口座への入金は不可能になっています。

しかし、他の国からはほぼ全世界で広く利用できます、また日本語サイトも2020年8月現在のところは残っています。
例外はタイ、ネパール、ミャンマー、パプアニューギニア、モンゴル、スリナム、キューバなどでこれらの国からの利用はできません。

日本に住んでいればエコペイズがお勧め

ネッテラーに代わるものとして英国のPSI-Pay Ltdが運営するエコペイズ(EcoPayz)があります。現在世界でもオンラインカジノ決済用としても広く利用されていて、日本語サイトも有り日本から利用できます。

まさにオンラインカジノの世界ではトップクラス電子マネーと言っていいでしょう。

ただしハンガリー、ラトビア、イスラエル、そしてシンガポールからは利用できません。

要注意! 信頼性が薄いサイト

他にはイーウォレット、ビーナスポイントなどがありますが、エコペイズよりも信頼性に欠けることもあり、これらについてはときめきかじのではご紹介はしていません。
まずエコペイズのアカウントを持ち、サブとしてこれらを利用することがベストです。

ネッテラーが使える国の人はネッテラー&エコペイの2つがあればほぼ全部カバーできますね。

イーウォレットは2020年8月現在利用できないカジノも増えていて、香港の政情不安もあり、ちょっと不明なところもあります。2020年5月から長期に渡ってサイト不具合によるサービス停止も発生しています。

ビーナスポイントは所在住所も明確では無いので利用には注意が必要です。他の電子マネーと違ってカジノでの勝利金をポイント変換した運営ですが、何かと不安です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる